昭和第一学園高等学校

 交通案内  卒業生の方  教職員用
 在校生の方  保護者の皆様
お問い合わせ
資料請求

学園ポリシー

プライバシーポリシー


■法令等の遵守
 当学園は、個人情報および個人番号(以下、「個人情報等」といいます)を取り扱うにあたっては、「個人情報の保護に関する法律」「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」をはじめとする個人情報等の保護に関する法令、ガイドラインおよび「学校法人昭和第一学園 個人情報保護規程(平成17年4月制定施行)」、「学校法人昭和第一学園 特定個人情報取扱規程(平成28年1月1日制定施行)」を遵守いたします。

■個人情報等の収集
 当学園は、必要な範囲で個人情報等を収集することがあります。収集する個人情報等の範囲は、利用目的を達成するために必要な限度を超えないものとします。

■個人情報等の管理・保護について
 当学園が個人情報等を取り扱う際には、管理責任者を置き、適切な管理をおこなうとともに、外部への流出防止に努めます。また、外部からの不正アクセスまたは紛失、破壊、改ざん等の危険に対しては、適切かつ合理的なレベルの安全対策を実施し、個人情報等の保護に努めます。

 当学園は、個人情報等に係るデータベース等へのアクセス権を有する者を限定し、学内においても不正な利用がなされないように厳重に管理いたします。

 当学園は、個人情報等の取扱いを外部に委託することがあります。この場合、個人情報等を適正に取り扱っていると認められる委託先(以下「業務委託先」といいます)を選定し、委託契約等において、個人情報等の管理、秘密保持、再提供の禁止等、個人情報等の漏洩等なきよう必要な事項を取り決めるとともに、適切な管理を実施させます。

■個人情報等の利用
 当学園は、ご本人の同意を得た場合、および法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、収集した個人情報等について、収集の際に予め明示した目的または公表している利用目的においてのみ利用いたします。

■個人情報等の提供
 当学園は、個人情報等をご本人の同意なしに、業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。ただし、法令により開示を求められた場合、または裁判所、警察等の公的機関から開示を求められた場合には、ご本人の同意なく個人情報等を開示・提供することがあります。

■学園内体制の整備
 当学園は、学園個人情報保護規程等に基づき、学園の役員・職員等に対し、個人情報等の取扱いについて明確な方針を示し、個人情報等の保護に努めます。

学校法人昭和第一学園 情報セキュリティポリシー


2018年4月1日
学校法人 昭和第一学園
理事長 大神田 忠弘


 当学園は、教育事業運営上取り扱う生徒・保護者・取引先等及び教職員に係る文書、資料、帳票、データ、写真等(情報資産)を各種脅威から守り、学校法人としての社会的使命を果たすため、情報セキュリティポリシーを宣言するとともに、情報セキュリティ基本規程その他の関連規則・ルール、ガイドライン等を定め、既定の個人情報保護規程その他の関連規程・規則等と相俟って、以下の取り組みを実施いたします。

  1. 当学園は、情報資産のセキュリティには万全を期し、紛失、破壊、改ざん及び漏えい等のリスクの未然防止に取り組みます。
  2. 当学園は、情報資産を最大限活用しつつ、その重要度に応じた適切なセキュリティ対策を実施します。
  3. 当学園は、情報セキュリティを総合的に推進する組織として学園内に「情報セキュリティ委員会」を設置するとともに、部門ごとに情報セキュリティ管理の責任者及び担当者を置き、全学園的な組織体制により情報資産のセキュリティ対策を実施・運用・推進します。
  4. 当学園は、教職員等(雇用形態、就業形態は問わない)に対する情報セキュリティに関する教育・啓蒙を継続的に実施し、情報セキュリティポリシーの周知徹底に努めます。
  5. 当学園は、技術の進歩や経営環境の変化等も考慮し、情報資産のリスク評価を継続的に実施して情報セキュリティ上の各種施策に反映させることにより、情報セキュリティの維持・向上を図ります。
  6. 当学園は、情報セキュリティに関する運用状況等について定期的に監査を実施し、必要に応じた適切な是正措置を講じることにより情報セキュリティの確保に努めます。
  7. 当学園は、高度情報化社会の秩序を守るとともに、情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守します。
以上

学校法人昭和第一学園 ソーシャルメディアポリシー


2019年4月1日
学校法人 昭和第一学園
理事長 大神田 忠弘


 ソーシャルメディア(※)は今や広く社会に浸透し、多くの教育機関でも利用されるようになりました。ソーシャルメディアが持つ有用な情報伝達・交換機能が社会の発展に資することは疑いのないところですが、一方で、その匿名性や利用者の思い込みにより思わぬ問題を引き起こす危険性を抱えています。
 本学園においても、教職員や生徒によるソーシャルメディアの利用が増えている現状を鑑み、不用意な利用が法令違反や紛争等に発展して学園内の人間関係や社会に与える甚大な悪影響を未然に防ぎ安全な利用に資するため、以下のソーシャルメディアポリシーを策定しました。

(※)ソーシャルメディア
利用者がコメントやレビューをウェブ上に書き込むことにより、不特定多数の他の利用者と共有することが可能なインターネット上のサービス。フェイスブック、ツイッター、ミクシィ、ブログ、グーグルプラス、ライン、ユーチューブ、インスタグラム 等


(9つの基本ポリシー)
  1. 教職員及び生徒は、書き込み等を行う場合は、学園に所属する者としての自覚を持って発言します。
  2. 教職員及び生徒は、書き込み等を行う場合はあらかじめ真偽を確認し、虚偽や勘違いに基づく発言はしません。
  3. 教職員及び生徒は、書き込み等の内容が人物情報として検索されることがあり得ることを認識し、将来も含めた自己のプライバシーの保護に十分注意します。
  4. 教職員及び生徒は、誹謗中傷・名誉棄損・脅迫にあたる又はそのおそれのある発言、他人のプライバシーを侵害するおそれのある発言、公序良俗に反する発言、人種・宗教・身体・性等に関する差別的発言、その他公正・常識・品位を欠く発言はしません。
  5. 学園は、基本的人権、知的財産権(肖像権、著作権、商標権等)に十分配慮します。
  6. 学園は、守秘義務が課された業務情報、教職員・生徒及び関係者から提供された個人情報等について適切な管理と保護に努めます。
  7. 学園は、教職員または生徒の書き込みが係争に発展した場合、または発展するおそれがあると判断した場合、当該案件について調査等に努めます。
  8. 学園は、根拠の不明な発言、責任の所在の不確かな匿名の発言に惑わされることなく、自らの意志に基づき、誠実に社会と関わっていきます。
  9. 学園は、生徒・保護者又は教職員が、いわれのない攻撃・誹謗中傷その他基本的人権に関わる問題に巻き込まれたときは、当該者を守るため最大限の努力をします。
以上
■本件を統括する組織
学校法人昭和第一学園
情報セキュリティ委員会
℡042-536-1611(代)


  1. より広い世界を知るために大学進学を目指す
  2. 進路学習を通し、自分の進路を決めていく
  3. 進学支援センターを利用し、さらに高いレベルの大学を目指すことも可能