昭和第一学園高等学校
 交通案内  卒業生の方  教職員用
 在校生の方  保護者の皆様

お問い合わせ
資料請求

校長だより

HARVEST MOON
2021年09月21日

秋は空気が澄んで美しい月が眺められると言われますが、台風14号が去ってから本当にさわやかな日が続いています。

ところで、今日9/21は「中秋の名月」です。今夜は澄み切った秋の夜空に見事な満月が観られそうです。

お月見はススキを飾った縁側でお団子をお供にというイメージがありますが、どこで眺めていても暗い夜空にぽっかり浮かぶ月は幻想的です。

また、中秋の名月は十五夜ともいわれます。これは新月を月の始まりとする旧暦で8月15日に当たるためで、必ずしも満月とは限りません。国立天文台によると今年は8年ぶりに満月と中秋の名月が重なるそうです。たまたま、一昨年、昨年、今年と3年連続満月となりますが、来年以降は少し欠けた名月が続くことになり、8年後でないと満月は見られないようです。

月を鑑賞する慣習、これも中国から由来したものといわれています。秋の中日、旧暦の7月(初秋)、8月(仲秋)、9月(晩秋)の中日、8月15日をさすところから、「中秋の名月」になるそうです。 十五夜の月見は、この時期に収穫できた農作物をお供えし、その年の収穫を皆で祝う風習ともいわれます。農作物の収穫のみならず、今の自分をシッカリ見つめ、今後の成長を祈る(期する)機会にしたいと考えています。

話は変わりますが、ここのところ17時を過ぎると、何となく薄暗くなったと感じるようになりました、季節が進んでいるなあと、感じています。

ところで、薄暗くなった夕方を黄昏と言います。映画『君の名は。』(新海誠監督)の中でも紹介されていましたが、黄昏は「たそがれ」と読み、語源は「誰そ彼」だそうです。つまり、夕暮れの時、一体彼は誰なのだろうと思うほど、周りが暗い状態のことを指しているのだそうです。

夕暮れの空の色は刻々と変化して行きます。多様な色が刻々と変化していき、英語では「magic hour」,「twilight」と言います。世界が一番美しく見える瞬間とも言われます。

 「秋晴れ」「中秋の名月」「黄昏」… 何気ない景色の中に心が落ち着く瞬間があります。身体に染みいるこの感覚、私自身にとっての「幸福」がそこにあります。