昭和第一学園高等学校
 交通案内  卒業生の方  教職員用
 在校生の方  保護者の皆様

お問い合わせ
資料請求

校長だより

THEY WILL
2021年06月22日

教育実習が終了しました。

15名の実習生の誠実な取り組みに、「おつかれさま」と言葉を向けたいと思います。

この実習を通じて感じたり思ったりしたことの全てはきっと,これからのそれぞれの人生に役立ってくれることでしょう。

そして,貴重な学びをしたのは,私たち教員も同様です。

何度となく行われた実践授業。「失敗」「悔い」など、たとえこんな思いが浮かんでくる授業であったとしても生徒たちは、「先生が一生懸命にやっている!」姿に協力をしてくれていました。どのクラスにおいても生徒達が皆真剣に取り組んでいた様子に彼らの成長を見ることができたことも収穫でした。

生徒たちをこのように仕向けたのは、間違いなく実習生たちの思いです。 彼らの指導技術は,もちろん未熟です。しかし,その未熟さをカバーしても余りある真剣さやひたむきさが,15名にはありました。だからこそ,その思いが生徒たちに しっかりと伝わったのだと思います。実習生が誠実に取り組む姿勢を保てたのは、指導担当教員の力添えによるものです。多忙の中、労を厭わぬ指導に関して、あらためて感謝の意を表します。

また、私自身研究授業を参観して、「自分が忘れかけていたものを思い出させてもらった」と実感しました。私にとっても大変有意義な3週間でありました。

昭和第一学園で学んだ生徒たちが、自らの意思で教員という職業を選び、その職業に就くための学びをするために再び本校に戻ってきてくれたことを本当に嬉しく思います。先輩の姿に刺激を受けて、また後輩が後に続いてくれるのでは、と期待に夢が膨らみます。