昭和第一学園高等学校
 交通案内  卒業生の方  教職員用
 在校生の方  保護者の皆様

お問い合わせ
資料請求

校長だより

始業式に代えて
2020年04月10日

 

昭和第一学園高等学校

校 長  北村 信一

2020年(令和2)度 本日予定であった始業式に代えて

 

2,3年生のみなさん、まず始めに自己紹介をさせていただきます。

この4月から森田校長先生から大任を引き継ぎました北村信一(きたむら しんいち)と申します。昨年度は授業を持っていましたので、顔が浮かぶ人もいるかもしれません。

これから何かの機会に会うことが多くなると思いますので、よろしくお願いします。

 

「新年度が始まり、皆さんと共に新しい一年を始めることができることをうれしく思います」、とみなさんに向かって話を始めたいところですが、活字でのメッセージとなっていることに複雑な思いがあります。

 

本来であれば今日が新年度のスタートでしたが、新型コロナウイルスという目に見えない恐怖と隣り合わせの状況においては、致し方ないことと思います。せめてこの場にて、一言述べさせていただきたいと思います。なお、学校再開に際しては、あらためて始業式を執り行なう予定です。

 

さて、生徒のみなさん、様々な思いで今を過ごしていると思います。特に3年生の中には、部活動等最後の大会が中止になり、やりきれない思いでいる人もいるでしょう。我々教職員にとっても、残念でなりません。これまで過ごしてきた日常が、どれだけ貴重であったかを痛切に感じています。しかしながら、この非日常から逆にチャンスをつかめるよう、発想の転換をしていくよう様々な努力をお互いしていきましょう。

 

さて、年度の始まりにあたって、みなさんに「目標」についてお話しします。

学校では、「学校教育目標」を立てて、その達成を目指して教育活動を行っています。本校ホームページ、そして校長挨拶欄にもありますので、読んだことがあると言う人には、うれしく思います。。

今年度は、この目標に基づき、みなさんにどのような人間になって欲しいかをあらためて伝えたいと思います。一年生には「入学式に代えて」で伝えていますが、今一度確認をしてください。

教育目標:確かな学力と豊かな人間性に支えられた人間力の育成

① 確かな基礎学力、豊かな心情、心身の健康など、「生きる力」を持つ生徒

② 主体的に考え、行動できる生徒

③ 国内外および地域社会において貢献する意欲のある生徒

みなさんには、この3つを備えた人間になって欲しいと願います。

 

新しい年度の始まりに、全員に共通する目標の話をしましたが、皆さん一人一人も、それぞれが今年一年への期待や意気込みを持っていると思います。例えば学習をがんばりたい、部活動でこんなことをしたい、こんなことができる自分になりたい、など、それぞれ思っていることがあると思います。まずは、それをはっきりと意識して、自分に合った目標を持ってください。

 目標を持ち、何かを成そうとするときは、目の前にある一つ一つのことに一生懸命取り組みながら達成していく、すべてはそこから始まります。

この逆境にめげず、今年一年間皆さんがそうやって、自分自身を磨き高めていくことを、期待します。

重ねての連絡になりますが、本校ホームページに掲載の「学習教材」に取り組んでもらい、学力向上に、役立ててください。

 

最後になりますが、保護者の皆様へ、

出口の見えない状況において、大変なご心配、ご苦労の日々をお過ごしのことと拝察いたします。我々教職員一同は円滑な学校再開に向けて努めております。保護者の皆様におかれましては、お子様のご指導、そしてご家族の心身共の健康を維持していただき、「晴れの日」が迎えられるよう、今後ともご理解、ご協力を頂きたく存じます。

 なお、学校再開の詳細が決定し次第、メール、HPにて、ご連絡をさせていただきますので、ご承知おきください。

                        以上