昭和第一学園高等学校

文字サイズ  大きく 標準 マイナス

東京都立川市栄町2-45-8

緊急情報 ▶交通案内 ▶お問合わせ ▶在校生の方へ ▶卒業生の方へ 入試資料請求

 

トップ  ›  募金募集

  学園関係者の皆様へ

 
「生徒応援募金」のお知らせ

多摩地域に存在感ある 昭和第一学園高等学校として

  生徒の活躍に応援してください。
21世紀はグローバル化の時代です。語学力に加えて、何事にもチャレンジする好奇心と異質な文化を受け入れる多様性があり、話題を解決できる人間力を持った生徒を育てたいと念願します。


  それには、確かな学力だけでなく、部活を通じて教養を身につけることや、身体能力を鍛えることも大切だと考えます。語学力を身につけ、外国の習慣や考え方の違いを理解するためにも海外研修も積極的に行いたいと考えています。


  このたび、これらの活動を応援していただきたく、「生徒応援募金」を創設いたしました。生徒たちの飛躍にご協力を賜りますようお願い申し上げます。
学校法人昭和第一学園
理事長 大神田 忠弘
昭和第一学園高等学校
校 長 森田 勉     

 寄付の使途

■グローバル教育の推進寄付金

―国際社会で活躍することを目指す生徒を応援します―
  生徒が「確かな語学力」「広い国際性」を身につけるための短期(中期)留学資金・語学研修費の援助、クラブ活動における海外遠征費、また、外国からの留学生への援助等にも活用させてもらいます。

■文化・体育活動の促進寄付金

―生徒の課外活動を応援します―
  活発な課外活動は学園イメージを向上させ、そして選手・部員への支援は大変励みになります。支援したいクラブ名をご記入されますと当該クラブ運営に活用させていただきます。また、「文化」または「体育」とご記入された場合は、生徒指導部を中心に配分を決定し活用させていただきます。
 
 募金の概要
募集期間  2016年1月23日から随時募集
寄付金額  個人:1口 10,000円
 法人:1口 50,000円
 
 寄付のお申し込み方法
  ゆうちょ銀行「払込取扱票」でお願いいたします。

「払込用紙によるお振込」の流れです。

  ①  寄付金趣意書をご覧いただき、ご支援いただける使途をお選びください。
  ②  「払込取扱票」に使途番号、使途名、金額等をご記入ください。
  ③  「払込取扱票」をお近くのゆうちょ銀行にお持ちいただき、窓口でお振込みください。
 記入方法例(PDF)
 
 寄付金に対する税制上の優遇措置
  本校に対するご寄付は、税制上の優遇措置を受けることができます。
 
 寄付者芳名の発表について
  寄付者の芳名と金額をご同意のもとに理事会広報に掲載させていただきます。芳名掲載の諾否については、払込取扱票の中でご指示ください。
  ご指示のない場合は、「匿名」とさせていただきます。
 
 個人情報の利用目的
  払込取扱票にご記入いただきました個人情報は、本学の規程の下で保護・管理し、以下の目的以外には利用いたしません。
 領収書・礼状の送付  卒業生確認
 統計データ作成  学校からの連絡
 
▲このページの先頭へ
 
第2期「講堂兼体育館」建設募金のお知らせ
  日頃より、昭和第一学園の教育活動につきまして、多大なご協力を賜り誠にありがとうございます。学園では今年4月から「特進コース」の2クラスを含めて普通科全体で新1年生が10クラスとなりました。


  昭和第一学園は、文武両道の実践をおこなう学園として各方面から注目されるところとなり、これも皆様方の絶え間ないお力添えのおかげと深く感謝申し上げます。


  さて、皆様方にご協力を賜りました学園創立70周年の記念募金(「未来創造募金」「講堂兼体育館建設募金」)につきましては、平成29年3月31日までに、募金額は61,714,462円となりました。ここに厚く御礼を申し上げる次第です。


  そこで、下記の事情により竣工時期が延期されたことと、募金目標額が未達成であることに伴いまして、募金の期間を第1期と第2期に分けて引き続き継続することといたしましたことをお知らせ申し上げます。

  学園では東日本大震災前後から、「3号館(ME棟)」と「機械科第一実習棟」の耐震診断を行っておりましたが、どちらも「要改築」の診断結果となりました。そこで学園では、生徒の安全・安心を最優先すべく改築計画を優先事業とし、「講堂兼体育館」の建設に先駆け、第1期工事として平成24年度に「3号館(ME棟)」を解体し「新・工学科第3実習棟」を建設いたしました。


  第2期工事として、平成25年度に「機械科第一実習棟」を解体し「新・教室棟」を建設いたします。その結果、「講堂兼体育館」の竣工時期は、本館棟の建設時に借入をした資金の返済が終了いたします平成32年以降とする決断をいたしました。


  そこで、皆様方よりご協力を頂きました「講堂兼体育館建設募金」につきましては、平成25年3月31日で一旦締めまして、これを第1期募金として「寄付者銘板」を制作し、平成25年度末に完成する「新・教室棟」に掲示することといたしました。


  そして、当初目標でありました「募金総額1億円」を達成し、学園のシンボルとなります「講堂兼体育館」建設を実現して参りたいと思いますので、第2期募金へのご協力を重ねて心よりお願いを申し上げます。
 
平成26年4月吉日
学校法人昭和第一学園 理事長 大神田 忠弘
昭和第一学園高等学校 校   長     森田  勉
寄付金に対する免税措置(文部科学省HPより)
 
▲このページの先頭へ