昭和第一学園高等学校
 交通案内  卒業生の方  教職員用
 在校生の方  保護者の皆様

お問い合わせ
資料請求

学習支援

普通科だより
2020年04月21日

普通科生徒の皆さんへ                           

                       普通部長 秦  典秀

 

 今年度より普通科の責任者となりました秦典秀と申します。

 改めて生徒の皆様にご挨拶申し上げます。

 今回は「普通科だより」として、各学年の先生方から皆さんへのメッセージも載せてありますので、是非読んでもらいたいと思います。

 

 さて、新型コロナウィルスについてのニュースを見ない日はないという日々が続いております。現況の中、多くの学校が休校措置をとり、企業等の活動も様々な制約を受ける事態をむかえ、誰しもが不自由な生活を強いられています。こうした状況から、一日も早く元通りの生活に戻れることを私も願って止みません。事態が好転することを願い、もうしばらくは皆さんと共にこの難局を乗り越えていきたいと思います。

 すこし話は変わりますが、政府の要請により突然の春休みを迎え、生徒の皆さんは図らずも長い時間を手にしたことになります。これまでは日常において時間に追われることは多々あっても、今回のようにたくさんの時間を手にするというようなことは誰も経験がなかったことです。

 皆さんはここまでの二ヶ月近く、どのように過ごしたでしょうか。それをちょっと振り返ってみてください。適度に身体を動かしたり、自学自習を進めたりとバランスのとれた生活を送っている人もいれば、漫然とした日々を送っている人もいるはずです。そこに「自分」という人間の真実があります。非日常の日々を送っているからこそ、何かを感じたり考えたりすることも大切なことかもしれません。

 今のこの状況をネガティブにとらえるだけでなく、この機会にすこし違った角度からも物事をとらえてみましょう。

 

                             

 

                            1学年主任 前田 理絵

 

新入生の皆さんへ。

 期待に胸を膨らませて、入学を心待ちにしていた皆さんにとっては大変な春を迎えたことと思います。

  世界では、みんなで力を会わせてウイルスを撲滅しようという動きです。しかし、高校生活をここから始めようとしていた皆さんは、一緒に頑張る仲間を作るチャンスさえお預けされている状態です。

 このウイルスは人と人の距離を遠ざけるウイルスとも言われています。しかし、人と人の距離を保ち続けたこの数週間の間に、人との繋がりの大切さを逆説的に再認識した人も多いでしょう。

 ウイルスが落ちついたその先に、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。そして、クラスメイトや部活動などでたくさんの仲間を作り、たくさんの経験を積み重ねていくのを待ち望んでいます。

 皆さんの高校生活が、自分の責任を認識し、多くの仲間をつくり、豊かなものになることを祈っています。

 

 

 

                           2学年主任  高谷 由佳子

 

 みなさん、お元気ですか?みなさんと会えない日々が続き、こんなにも心に穴があいてしまうものなのかと、思い知らされる毎日です。これまで、当たり前のように過ごしていた日常が当たり前ではなくなり、みなさんは何を考え、何を感じていますか?当たり前の日常のありがたさに気づき、感謝し、当たり前とは何かをじっくりと考えていることでしょう。

 今、あなたたちにできること、あなたたちが取り組むべきことに真摯に向き合ってください。一緒に学べる日まで、今しばらく自分で主体的に取り組んでみてください。このようなときだからこそ、自らを律し、自ら学ぶ姿勢がより大切なものになってくるのです。(学年通信「花水木」 入学時に担任・副担任の願いをこめてつけた題名です。「花水木」のようになることを祈って)

 また、体調には気をつけて生活して下さいね。元気な姿で登校してくる日を担任・副担任一同、心から待っています。

 

 

 

                            3学年主任  原島 雅人

 

 普通科3年生の皆さん、お久しぶりです。学年主任の原島です。今回は、少しだけ、皆さんにメッセー ジを送りたいと思います。読んでもらいたいことを一生懸命書きましたので最後まで見てくれると嬉しいです。

 休校期間中の今、皆さんは何を思い、何を感じて、どのように過ごしていますか。この機会を“めったにない機会”と捉えて、きちんと目標を設定して生活をしている人もいれば、だらだらとした毎日をなんとなく過ごしている人も少なからずいるのではないかと思いま  す。有料動画配信サービスに登録し、見ず知らずの男女6人が共同生活を送るバラエティー番組をずっと見てはいませんか。現実とは異なる世界の無人島や村へ行けるボタンを押して、動物と一緒に住んでいる人はいませんか。そこで毎日、釣りをしたり、虫を取ったりして生活している人はいませんか。w…   絶対に…いますよね(笑) 知っています(笑)

  皆さん!Wake up!ここらへんでもう一度この期間の重要性を再認識して、自分の生活を確認し、少し修正を加えていきましょう!今のこのような過酷な状況は、いずれ終息します。その後の社会は、「今までと同じように」必ず動き出します。その動き始めた社会で、再び生活していく『自分』は、この期間中の『自分の行動が』作ります。今、全員に平等に与えられているものは、この持てあますほどの時  間。この時間の使い方の差は、新しくスタートする世界において、とてつもなく大きなものとして自分に返ってくると思います。

  ならば、自分にとって良い結果となって返ってくる行動をとることを僕なら選びますし、みんなだだってそうだと思います。でもね、今回はちょっと大変。だって、普段ならアドバイスをくれる先生は、今は自分の周りにはいない。だから、“自分で計画し、自分で実行”しないといけない。つまり、この状況の下では、常に「自分」というものが試されているわけです。この期間中どう過ごすかは、自分が自分自身と対話をし、自分の意志で方向性を決定し、自分を動かします。これって、結構大変です。が、とっても大切なことです。もしかしたら、学校があるときには経験できない成長chanceかもしれません。

  でも僕は、皆さんなら絶対にできると思っています。だって、皆さんは3年生。自分の次のステージを決める大切な、大切な時期が「今」なんです。来年の春は全員、先生や保護者の方の笑顔の中で卒業し、思い出を少し引きずりながらも次の自分の居場所で頑張り始めるのです。そのステージ選びとそこに向けた自分磨きの時間が「今」なんです。「進路迷ってたけど、休校だし、自分であれこれやるのダルイから、楽に決められる方にしよ。コロナだから仕方ないよね。」とか、大人になって、「あの時はコロナ騒動があったから、勉強できずに第1志望諦めたんだよな~。」とか思ってしまうことは本当に、本当に悲しいことです。自分の大切な未来に直結する高校卒業後の進路。これをコロナ騒動でブレさせてしまうことは絶対に許しません。

 「こういう時期だから仕方ないよね…」という言葉が様々な場所で聞かれますが、この言葉で片づけてしまっては絶対にいけないのが、『今君が想像(想定)している、高校卒業後の生活』(=希望進路)です。今日まできちんと生活してきた人は、その調子で。今日まで、本気になれなかった人は、今日からリセット」です。本当に「仕切り直し」をしましょう。自分にウソはつかないよ。自分で、わかると思います。

 この文章を読む機会を、今日以降の生活の軌道修正をする機会に変えてもらえれば嬉しいです。

 とはいっても、何をして良いかがわからない人のために、少しだけヒントを掲載しようと思いますのでご覧ください。

 

 

生活改善 ●自分の時間割作成(起床時間、就寝時間、学習時間)

(悩んでいる人のための時間割作成のポイント)

①    新学期スタート時の自分が“どうなっていたいか”を想像し、それを目標にする。

(例) 6月模試で全科目偏差値65以上、クラスにライバルがいるなら、ひそかにそのライバルに差をつけちゃお、3年1回目の定期考査でごぼう抜きして、友達や保護者を驚かせよーっ、3年の定期テスト勉強の負担をなるべく少なくしたい… など動機は何でもいいです。単に、「勉強しないといけないからやろう…」よりも、“自分がどうなりたいか像”を考えて目標を設定して、勉強をした方が良いと思います。

②    勉強する時間帯、科目を決める。

 -何時から何時まで〇〇をやる と時間をきちんと決める。「勉強しよう!」とだけ決めても最初の一歩が遅れるという経験は誰にでもありますね。学校ではチャイムからチャイムという一種の切り替えの合図がありますが、家にはありません。ですから、時間で自分を縛って学習に向かわせましょう。最初は、友達や恋人とLINEでやりとりして、時間を合わせて疑似的に一緒勉強しても面白いかもしれませんね。

一般受験系  ●2年生までの既習事項の精度を最大限上げる期間

 

 この期間は、学校の授業はありません。つまり、授業が「STOP」している状態です。普段の学校では、1日で6時  間分、新しい学習事項が増えていきます。1週間で30時間以上の学習事項が蓄積されていくわけです。それを、  1日で行われる授業や部活動、塾、You tube、タピオカ、などをさし引いた時間で皆さんは勉強していたわけで  す。高校生の少ない空き時間を利用して、復習をしていたわけですね。授業が「STOP」している今は、2年生までの学習事項の整理を「落ち着いて」できる時期です。しかも、時間はた~っぷりあります。新学期が  始まるまでに既習事項を完璧にできれば、これ、相当すごいですね。3年生の授業内容は、どの教科も1・2年生  の基礎、基本をベースに進んでいきます。3年生の授業が難しくなる理由は、1・2年生での学習事項の漏れ、理  解不足が原因であることが多いです。もう、ほとんどの人たちはこのような意識で実践しているとは思いますが一応確認でこのことを書きました(笑) 先生というのはですね、皆さんを信頼していながら、何かにつけて、ずっと心配をしてしまう生き物なんです。特に、学年末考査以降皆さんと会う機会がなかったので、休校前の職員室では皆さんのことを気にかけている先生たちの会話をよく聞きました。今の時期をとにかく大切にしてください。休校明け、皆さんの成長で先生たちを驚かしてください!

 (*^^*)自宅学習でわからないところに  は付箋をつけておいて!次に学校に来るときにたくさん先生たちに質問しちゃえ!先生たちをたくさん「使  っ」ちゃえ!!(笑) 先生たちも、休校中にためているエネルギーをみんなにフルパワーで使おうとウズウズ  していますよ!だから、もう少し!今は、自分たちでできることを最大限、頑張りましょうね!

 

総合選抜・推薦型系 ●別紙オリジナル教材を完成させる!

  総合選抜、学校選抜系の入試を1回目の入試として考えている人は、この時期に自分について「きちんと考え」、「きちんと相手に伝えられる」ようにしましょう。やることや悩みが多い高校生。こんなに自分と向き合え  る時間を物理的に持てる高校生って、今までにいないと思います。ここで何を考え、自分の目標ややりたいことが明確であり、それに強い信念を持てた人こそ推薦系入試では合格すると思います。まずは、志願理由書の作成からです。そのために、志願理由書の作成教材を作りました。学年共通課題として、この通信と同時にHP上にアップします。それを参考に志願理由書を作成してみましょう。そして、作成した志望理由書を登校初日に新しい担任の先生に提出しましょう。そうすれば、その担任の先生は、いち早く君の希望や君自身の強みを把握できます。早期に志願理由書を作成できれば、推薦系入試で最も重要である準備時間を効率よく捻出できます。志望理由書が完成したら、次はスムーズに面談指導へと移ることができます。この課題の趣旨を理解して、くれぐれも丁寧に作成しましょうね。学校は始まらないけど、受験生のスタートはもう切られています!!

 

3年生用資料 → PDFファイル